ご 挨 拶

 

NSハイパーツは日本製鉄と共に薄鋼板を用いた建築構造先進技術を開発し、
安全・快適で環境性能に優れた新しい中低層建築工法NSスーパーフレーム工法
の実用化を進めて参りました。

 

NSハイパーツは建築確認に必要な大臣認定や指定性能評価機関の評価を取得し、
構造設計を請け負います。そして形鋼、金物、構造面材といった純正部材や
部材を組み合わせた屋根・壁・床パネルを工場で製作し一棟単位でお届けします。

 

NSスーパーフレーム工法は2001年から開発を始め、第3世代までバージョン
アップしてまいりました。現在では4階建てまでの集合住宅や高齢者施設、
3階建てまでの事務所や研修所、構造区画面積1000m2・壁パネル高さ4.5mまでの
平屋店舗や学校・保育園など様々なご用途の建物でご活用いただいています。

 

また、鋼の躯体を断熱材ですっぽりと覆う外張り断熱通気工法を採用しており、
冬暖かく夏涼しい快適な空間と画期的省エネルギー性能を両立いたしました。
これによりZEH-M適合集合住宅やZEB適合オフィスを低コストで実現することも
可能になっています。

 

東日本大震災の復興住宅にも岩手、宮城、福島の3県5団地で採用され
早期復興の一助となりましたことは私達の誇りでもあります。
日々の仕事を通し、お客様からご信頼を賜れるよう、そして新技術・新商品
の開発によって社会のお役に立てるよう社員一同誠実に努力してまいります。